上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

先日の7月31日(土)~8月3日(火)に、長崎県島原市で行われた「第24回全日本小学生男子ソフトボール大会」の結果が届きました
優勝は大阪府代表の「庭代台サニーズ」さん。 おめでとうございます~
第24回全日本小学生男子ソフトボール大会
広島県からの代表は、両チームとも当チームと親交の深い「戸坂ジャガーズ」さんと「中野東少年ソフト」さんが出場いたしました

結果的には両チームとも、深紅の優勝旗を広島県に持ち帰ることは出来ませんでしたが、中野東少年ソフトさんはな・な・なんと!!大会ベスト8に
戸坂ジャガーズさんに至っては、初戦で敗れるも、その対戦チームがこの大会で準優勝したチーム
しかも、そのチームに惜しくも1-0での惜敗でした

しかし!! 両チームとも大!大!大健闘の全国大会だったと思います。

戸坂ジャガーズの子ども達。
中野東少年ソフトの子ども達。

君たち最後の夏は輝けたか? 悔いのない夏を過ごせたか?
この大会を共にプレーした仲間達にもう一度感謝し、そして今まで君たちを支えてくれた、監督コーチ… そしてご両親にもう一度感謝し、これからも素晴らしい野球道を歩んでいって下さい

先ずは本当にお疲れさま。

また今度逢う時は、全員元気な姿を見せてくれよ!!
スポンサーサイト

2010.08.05 | 管理人からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

暑いですね~
当方も完全に夏バテ真っ最中です

第1回海上自衛隊てつのくじら杯少年ソフトボール大会の運営準備も、当日の開催も無事に終了し、ほっと一息…といったところです

本日の中国新聞杯は、この土砂降りの悪天候ながら、一試合だけ開催され、我らが吉浦スターズも残念ながら敗退してしまいました

この僅かな時間の中、各コートでは色んなドラマがあったようです…ね

我らが吉浦スターズの2009年の夏も、残念ながら終わってしまいましたが、コレで全ての野球人生が終わったワケではありません。
逆境をバネに… 苦境を糧に… 挫折と涙無くして、成功と「本当の感謝」を見つけることは出来ません。

泣くだけ泣いたら… 悔やむだけ悔やんだら…
後は笑って前向いて歩いて行こうや

そして、オマエらのその最高の笑顔で…
今まで一生懸命支えて下さったご両親に、精一杯笑顔で、精一杯の「ありがとう」を言ってあげてくれ。

よう頑張ったの!! 加藤
よう投げたの!! 平川

恥じるな!! オマエらよう頑張った!!

加藤… わしはベンチの中でオマエを見守ることしか出来んかった。
平川… わしはAコートのベンチも片隅で、最終回のあのマウンドで苦しむオマエを…
涙無くして見続けることは…出来んかった…

わしら大人は… あの土砂降りのマウンド上で、歯を食いしばりながら一生懸命に戦い続けるオマエらから… 何度も目をそらしてしまいそうになった…

それでも… コレが野球だから。 コレも男と男の勝負の世界だから…
あのグランドで一生懸命戦っている君たちに、僕たちが出来ることといえば…
君たちから目をそらさずに見続けることぐらいしか… 出来なかった。

それが僕たち大人たちの出来る、たった一つの君たちに対する敬意だから…

今はどんな大人でさえ… 今のオマエらには 「ようやった!!」 と褒めてやることしか出来ん。

この一週間は、せめて野球のことは忘れて、普通の少年に戻れ。

そしてまたあのマウンドに帰ってこい。

そして、次に逢う時は… その時は最高の笑顔で逢おうの


申し訳ありませんが、吉浦スターズのオフィシャルサイトも約1週間ほど夏休みを頂きます。

僕も最近チョット夏バテ気味でしたが、人生なんてこんなモンです!!
山あり… 谷あり… そして苦難と感動の連続で成り立っているようなモンです。
本当に真価を問われるのは、自分の信じた信念を崩さずに「貫き通す」コトです。
その大切なものを、また「子供たち」に教えてもらいました

僕も娘と息子と共に最高の夏休みを過ごしてリフレッシュしてきます!!

っしゃ~ まだまだっ!! わしも頑張るよー

2009.08.09 | 管理人からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

いやはや…よく降りますね~

梅雨の季節真っ直中…って感じです


先日の6月21日に行われる予定でした「あかばね杯」は降雨のため「中止」となりました。
※延期ではありません。

これで2年連続、降雨のため中止となってしまいました

主催者側の宮原リトルさんと坪内スポーツクラブさん曰く…


「来年からは大会開催の日程を1~2週間前後させて対策したい。」とのことでした。


まぁ…ねぇ…

モロに梅雨時期だしねぇ…


…ということで、残念でした

2009.06.30 | 管理人からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

10月10日金曜日から、11日… 12日… 13日…と、鬼のようなスケジュールの中、全11試合の試合結果をようやく更新しました
金曜日に更新してどないすんねん!!
というお怒りもございましょうが… 許して下さい…ね

それと、スターズ掲示板を閉鎖してから約数ヶ月…
各方面から復活を望む声が非常に多く、再度復活いたしました
まだ、試行なので「完全復活!!」とは大手を振って申せませんが、今後も子ども達の想い出のステージに僅かでも相応しくない発言や、そういった方向に進むようなら、また閉鎖しかねませんのでご了承下さい
そんなコトにならないがためにも、子ども達の励みになるような温かなメッセージをお待ちしております

2008.10.17 | 管理人からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

6年生諸君、そして保護者の皆さま…

皆さん、広島県選手権大会は本当にお疲れさまでした。
各選手たちの胸中は、きっと悔しくて仕方ないと思います。
僕はキレイ事は言いません。 悔いは…きっと残ります。
そして色々な後悔もしているでしょう。

昨日、君たちの後輩の5年生以下のチームは、第35回安芸地区ソフトボール大会に出場し、おおかたの予想を裏切って、準優勝という結果に終わりました。
準優勝という結果… それは色々な見方があるかも知れません。
しかし僕は… いや、少なくとも次期チームのコイツらは、きっと胸を張っていると思います。

敵方や大半のソフトボール関係者の予想はもちろん、我がチームという、味方にもまるで期待されていない中、コイツらは「雑草魂」を見せてくれました。

この一年間、英才教育を受ける訳じゃなく… 監督コーチからの特別な助言や指導も受ける訳じゃなく… 試合経験もまるでない、まさに雑草のように手間隙も掛けて貰えない彼らが、この試合、最高の笑顔で、最高の団結力で、声が枯れるくらいまで、一生懸命大きな声を出して「第二位」と言う名のメダルを手にする事が出来ました。

その二位という記録を… 笑えますか? 一番じゃなきゃ…価値はありませんか?

皆さん…
そんな、荒れ放題の雑草だった彼らは…
何故、ここまで頑張れたと思いますか?

それはこの一年間…
コイツらは、君たち6年生の背中をズッ…と見てきたからなんです。
来年のスターズは…と、笑われ続けていたコイツらは…
この一年間、君たちの背中を見てきて、君たちのプレーを見てきて、そして決してコイツらに投げかけられた言葉や指導じゃないのに… 監督コーチの言葉を逃すまい!!と、グランド外から聞き耳を立て、コイツらはコイツらなりの方法で学び、そして少しでも君たちのプレーに近づこうと…
君たち6年生に憧れ続けていたんです。

この度の敗戦… 辛いだろう…
今年の後半戦…これまでの各チームからの逆襲や、踏ん張りどころで踏ん張りきれなかった自分自身への弱さ…
涙が溢れるくらい、悔しいだろう…

そして各家庭の父兄の皆さま…
皆さんもまた、今はまだ気持ちを切り替えてゆくには本当に難しいかも知れません。
しかし… 本当に辛く、悲しいのは、他ならぬこの子達なんです。

まだあるじゃないですか? 大きな大会はまだあと二つあるじゃないですか。
まだ終わってないんです。
思い出して下さい。 この一年間…
試合であの子らが点を取られて、クシュン…となっている時に、僕たちがよく声をかける言葉がありましたよね?

「まだ終わってない!諦めるな!最後まで笑顔で全力プレーしなさい!」と。

この子たちは、まだスターズのユニフォームを着ているんです。
野球選手なら、誰もが憧れる、あの一桁の背番号を背負っているんです。

皆さんや、選手たちの気持ちは良く解る…
痛いほど…苦しいほど。
でも、落ち込むだけ落ち込んだら、また笑顔で戻ってきて下さい。

皆さんの子ども達のプレーに憧れ続け、誇りに感じ、そしてこれからも皆さんの子どもたちを目標として、戦っていく、残された後輩たちの為にも…
早く笑顔でグランドに戻って来て、後輩達への指導にあたって欲しい…

それがこのグランドへの… ソフトボールへの… そして吉浦スターズというチームへの…
あと数ヶ月間で出来る、先輩として残された、たった一つの「恩返し」なのだから。

僕のそんなウザい想いが僅かでも皆さんの胸に届くなら。
どうか、燃え尽きてしまったこの子達に、目標を失ったこの子達に…
もう一度だけ、優しくお尻を叩いてあげてくれませんか?

輝かしい、一桁の背番号を後輩に譲るその時まで。
君たちが付けていた… その一桁の背番号は… そんなに「軽いモノ」なんですか?
誰が付けてもイイんですか? その番号に… 愛着はないのですか…?
尾道三成のような名門にも、重い伝統があるように、君たちにもきっと重い重い「背番号への熱き想い」があるはずなんです。
どうかその「想い」を後輩達に継承していって下さい。
そしてその「想い」を我らが「吉浦スターズの伝統」として守っていって下さい。

あと数ヵ月… このチームに出逢えた事に悔いの残らないように。
最高の笑顔で…
生意気申しましたが、卒団までのあと数ヶ月… 共に夢に向かって輝いていきましょうね

2008.10.14 | 管理人からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(1) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。